Beautiful Landscape

SDGsからつくる

​新規事業

SDGsがビジネスの基本に

最近、良く耳にするSDGsって、一体、何のこと?我が社とどんな関係があるの?と思われる方も多いと思います。

SDGsとは、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」のことです。非常に噛み砕いて言うと、これまでの金儲け一辺倒の経済活動では地球環境が破壊されて、人類が滅亡してしまう。我々人類が地球に住み続けることができるように、経済活動のあり方を改めましょう、ということです。

 

コロナ禍が起きる前から注目されていましたが、コロナ禍でいよいよその重要性が認識されるようになり、また、今年、気候変動問題に真剣に取り組む米バイデン政権が誕生して、一挙に時代のキーワードになりました。

 

SDGsは、2030年に向けた17の目標と169のターゲットから構成されています。

1 貧困をなくそう

2 飢餓をゼロに

3 すべての人に健康と福祉を

4 質の高い教育をみんなに

5 ジェンダー平等を実現しよう

6 安全な水とトイレを世界中に

7 クリーンエネルギーをみんなに

8 働きがいも経済成長も

10 人や国の不平等をなくそう

11 住み続けられる街づくりを

12 つくる責任、つかう責任

13 気候変動に具体的な対策を

14 海の豊かさを守ろう

15 陸の豊かさも守ろう

16 平和と公正をすべての人に

17 パートナーシップで目標を達成しよう

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

ビジネスを革新する新たな方法

SDGsが注目されているもう一つの理由は、ビジネスを革新するためにSDGsが有効だと考えられているからです。

​これまでの日本企業のビジネスの革新方法は、細かな改善の積み重ねでした。しかし、これでは既存のビジネスの延長線上の「持続的イノベーション」は生まれても、これまでの市場を破壊するような「破壊的イノベーション」は生まれません。

新しい市場を生み出すような「破壊的なイノベーション」を生み出すためには、とんでもなく野心的な目的、すなわち、パーパスが必要ではないかと考えられるようになっています。

そして、新たにパーパスを考えるうえで参考になるのがSDGs17の目標だと考えられているのです。

SDGsから新規事業をつくる

SDGsの17の目標から自社で取り組めそうな目標を選んで、潜在的な事業機会を洗い出します。そのうえで、御社の経営資源で具体的にどんな事業が可能かを考えます。

SDGs
(骨太な社会課題)

世界共通の社会課題であるSDGsを起点に、大義ある潜在的な事業機会を網羅的に発掘する。

✖️

自社らしさ
(自社の経営資源)

自社の様々な経営資源を組み合わせて、スケールできる事業機会への発展余地を探る。

提案

御社のSDGs戦略のご提案をいたします

トップヒアリング

  • 現状の課題

  • ​御社の強み

SDGs戦略のご提案

SDGs戦略会議の契約

月1回もしくは月2回の会議実施

お問い合わせ

〒102-0074

東京都千代田区九段南一丁目5番6号 りそな九段ビル5F

Tel:03-6869-7112

Success! Message received.

  • Black LinkedIn Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Google+ Icon
  • Black Instagram Icon